枚数で変わるダイレクトメールの印刷料金の相場

ダイレクトメールの印刷料金は、枚数が増えるほど一部に対する印刷価格が下がっていきます。つまり部数を増やすほど、1枚のダイレクトメールにかかる経費が下がります。例えば、100部から500部のダイレクトメールの印刷を注文すると、1部につき20円以上かかる印刷代金が、10000部注文すると1部につき7円くらいになります。ダイレクトメールにはたくさんの種類があり、印刷に選ぶ紙の厚さやコーティングによっても値段は違いますし、その部数とともに得られる割引率も全然違います。あるサイトによると、はがきサイズのダイレクトメールで100部だと1部あたり20円に対して、2000部だと1部あたり3.2円。A4サイズだと100部だと1部あたり105円に対して、2000部だと1部あたり12円になります。

インターネットで比較検討、自分にあったプランを見つけられる

どのようなダイレクトメールを印刷したいのかが決まっていたら、サイズ・紙質・コーティングまで決めて各インターネットサイトで料金を問い合わせすることができます。インターネットサイトで部数を入力すれば印刷にかかる料金がその場で確認できるものも多くありますので、大変便利です。そこでコーティングや紙質の種類も確認できます。部数による割引率は社によってまちまちで、どの紙を求めるかなど、注文内容によっても変わります。他にも、ダイレクトメールは印刷だけでなく、配送料金も経費として大きな負担があります。ダイレクトメール印刷会社の中には、デザインと印刷だけでなく、配送まで一括で請け負う会社もあります。もちろん一括で注文するにしても、部数によって料金の割引があります。たくさんのダイレクトメール注文であれば、一部ずつの単価が下がる仕組みです。

定期的にDM宣伝をするなら、計画的な戦略で経費を削減できる

前述のとおり、単発でダイレクトメールの宣伝広告をするという場合以外は、より頻度に人々の目に触れることを目的に、定期的に広告を打つ場合が多いと思います。広告を打つたびにダイレクトメールを作成印刷するのではなく、まとめて何回か分という計算で大量印刷を注文すれば、保管場所の確保は必要ですが、大きく経費を削減することにつながります。そして、受け取った人々の目に留まるようにデザインやインパクトを意識して作成しなければ意味を持ちません。印刷、ダイレクトメールと検索ワードに入力するだけで、数々の印刷会社のホームページを比較することができます。それらインターネットで知り得る印刷会社のサービスの特徴を知りつつ、馴染みやすでに取引のある印刷会社に交渉してみるのも手かもしれません。