オススメのダイレクトメール印刷方法を紹介

ダイレクトメールは、顧客が過去に取引をした企業などで、住所や氏名などの個人情報をもとに送り先を選別した売上効率の高い宣伝広告といわれています。送り先によってダイレクトメールの内容を変えたり、送付頻度を調整するなどをして営業費用のコストカットにも役立っています。ダイレクトメールの形態は、はがきをはじめ、封書、冊子など様々です。このようなダイレクトメールを印刷するにあたり、少量であれば自作が可能ですが、一定量以上になるとダイレクトメールの印刷業者に依頼するほうが得策と思われます。印刷会社に直接依頼する方法や、インターネット上でデータのやりとりをした後に印刷を依頼する方法などあります。印刷だけでなく、印刷から封入、発送まで一括して引き受けてくれる業者も数多く存在しています。

利便性を考えてダイレクトメールの印刷業者を探す

ダイレクトメールを印刷するまでは、広告内容の企画からデザイン仕上がりなど様々な工程を経て印刷を行います。又、送付先への情報収集や整理なども大切な作業です。こうした企画から発送、情報分析までを取り扱う業者も存在し、ダイレクトメールの代行発送を行ってくれます。印刷業者に直接依頼する場合は、実際の仕上がりの確認や、その場で細かな変更事項や希望などの調整ができるので、打ち合わせをしながらダイレクトメールを作っていく作業をするならこの方法が間違いも少なくおすすめです。一方、インターネットでの業者は、あらかじめ送る側の情報が固まっていてデータを渡すだけで印刷を行ってくれます。納期の期間が短く、また急な発注にも対応してくれるところが多いと言われています。価格もリーズナブルな上、手軽さもあるのでスピードを追求する場合はこちらがおすすめと言えます。

実績のある信頼のおける業者に発注しよう

ダイレクトメールの送り先リストは、顧客が提供する個人情報をもとに作成されます。印刷を業者に依頼する際、個人情報漏洩に関する対策をとっている業者にすると安心です。過去にどのような実績があるかを調べることで信頼できるか判断することができます。歴史が長いほど実績数も多いことが優良企業の目安となります。印刷業者には、自社印刷工場があるところと、発注と印刷会社への仲介を行ういわゆる代行業者の二種類あります。自社工場をもっている印刷会社は、全ての工程で管理が一本化しているので、各工程での質問等迅速に対応してくれます。一方、仲介業での立場の印刷業者は、各工程が分業していることが多く、やり取りの中で個々の対応が遅れやすく、情報伝達のスムーズさも欠けるといった特徴があります。部分的な工程の依頼は、企画から発送までの依頼よりもコストがかからない利点もあります。

圧着ハガキの印刷・発送ならDMパックへおまかせ! 見開きA3以上の大判ふちのり圧着DMも印刷OK。 圧着はがきの印刷~発送までOK。サポートも安心! DMでお困りのご担当者様に朗報!DMパックなら印刷、印字、郵便料金までまるごとおまかせいただけます。 DMパックならDMが初めての担当者様でもOKです。 ダイレクトメールの印刷は安い!早い!ラク!のDMパックにお任せを